本文へ移動

わらべうた保育について

私たちの保育園では、日本民族の伝承である「わらべうた」による音楽教育をすすめています。わらべうたをする大きな目的は、子どもたちが音楽を好きになることです。乳幼児期は音楽的にもっとも柔軟な時期であると言えます。その音楽的素質の芽を大切に守り発展させます。
長い年月をかけて歌い継がれてきた伝承のわらべうたは、日本語の美しいリズムと抑揚があり、うたの旋律(メロディー)と言葉のリズムとが一体となっているため、子どもにとって聞きやすく、うたいやすい音楽です。またわらべうたは肉声でうたう事がとても大切です。特に赤ちゃんは、物音や器楽音よりも人間の声に最も快く反応し気持ちが安定します。
わらべうたで遊ぶ時間を持つことは、大人と子どもの情緒的結びつきを深め、よりよい関係を生みます。
子どもたちの音楽を愛するよい耳、よい心を育て、子どもたちがこれからさきいろいろなよい音楽に出逢ったときに共感し、感動し、心豊かになる、それまでの出発点となることを信じ、こどもたちと共にうたい続けています。
社会福祉法人
青梅ゆりかご保育園
〒198-0031
東京都 青梅市 師岡町3-10-5
TEL.0428-23-5527
FAX.0428-23-5534

 
TOPへ戻る